アートネイチャーの増毛|アートネイチャーの増毛は2種類

アートネイチャーの増毛は2種類

テレビコマーシャルでも有名なアートネイチャー。増毛でも有名な会社です。
アートネイチャーで使用されている増毛法は、「結毛式」と呼ばれるものと「ウィッグ式」です。

結毛式とは、自毛1本に対して人工毛を数本結び付けて増やしていくもの。
アートネイチャー以外の多くのサロンで使われている、定番中の定番です。

そして、ウィッグ式とは、いわゆるカツラの事。
オーダーメイドで作る事もできるので、より自分の頭に合った形で作ることが可能となります。
最近では、おしゃれ感覚で外出する時だに使う…なんて人も少なくありません。

アートネイチャーの結毛式

250
ミクロポイント増毛法

アートネイチャーの結毛式には、「ミクロポイント」「マープライブ」「ラピーダ・レヴォ」とあります。

ミクロポイントは、自毛に人工毛を結び付けていくもので、短時間で増やすことができ、1時間で最大1,000本といった数が可能。
広範囲の増毛であっても、比較的かかる負担が少なくなるといえるでしょう。しかも、増やした人工毛が自毛を支えてくれるので、髪全体がふんわりとボリュームアップします。
これらの特徴から、ミクロポイントは細かい部分の薄毛を気にしている人や、短期間で広範囲の増毛を希望する人に向いているといえます。

また、マープライブは、同じ人口毛を使用しているとはいえ、その特徴はクローバー構造によるもの。
クローバー構造は、少しの増量でもボリュームアップができるように設計されたもので、人工毛とは思えないほど束になりにくくふんわりとした髪質感を持っています。
髪全体にハリを出して、自然な立ち上がりをみせてくれます。
ヘアスタイルの自由度も高いので、自分がやりたいヘアスタイルと楽しめます。
そんなマープライブは、少しの量でボリュームアップさせたい人や、広範囲でも短い時間で済ませたいと考えている人におすすめです。

そして、ラピーダ・レヴォは、「全方位、自然」というコンセプトを元に開発された増毛法。
特に気になる生え際などを自然に見せられるように考えたものです。前髪を下ろしたり上げたり、自分好みのスタイルにチェンジ可能。
さらに、自毛に結び付ける周囲には新構造のレースを使用して、境目が目立たない自然な仕上がりにすることが可能です。
ですから、生え際に見られるM字ハゲなどの薄毛が気になる人や、自然な仕上がりを求めている人に最適です。

アートネイチャーのウィッグ式

250
レクア

アートネイチャーのウィッグ式には、「ヘア・フォーライフ」「レクア」「アート・セラ」とあります。

定番と言えばヘア・フォーライフ。信頼高いウイッグで、オーダーメイド仕様。
高度なクオリティが感じられるハンドメイドの植毛技術で、硬すぎずソフトな仕上がりで、リアルなフィット感です。
シャワーやシャンプーも問題なくでき、まるで自分の髪のように扱う事ができます。
生え際を増やせるので、頭皮と一体化させた自然な仕上がりが特徴。
こわだりにヘアスタイルを作りたい人M字ハゲなどの生え際が少なくなってきている人におすすめです。

また、レクアは透明で極薄の人口頭皮を密着させウィッグで、まるで地肌から毛が生えているような感じになります。
その仕上がりは、近くで見ても気が付かないほど精巧。
ベースの網目は肉眼ではわからないほどで、ショートカットも問題なく楽しめます。
しかも、耐久性に優れているので汗をかいても問題なく、重量も軽く装着感を感じないほどのナチュラルです。
短髪ヘアを楽しみたい人や、スポーツをする人におすすめです。

そして、アート・セラは一つ一つ手作業で作られるもの。
通気性・耐久性・自然感を重視し、納得がいくまで手直しをして完成させます。
頭部の骨格形状に合わせて精密に型取りするので、どんな頭の人にもフィット。
また、分け目とつむじといったバレやすい箇所も、まるで地肌から生えているようなリアル感です。
こだわりのヘアスタイルや蒸れが気になる人におすすめなのです。